公益財団法人 仁泉会 セイントクリニック
お気軽にお問い合わせください
024-575-3333
[受付時間] 8:30~17:00(日祝日休)

妊婦さんお役立ち情報

ホーム > 妊婦さんお役立ち情報 > 妊娠・授乳中の花粉症

妊娠・授乳中の花粉症

毎年2月になると花粉症の方が急増します。花粉症は、アレルギーをひき起こす植物の花粉が鼻や目などの粘膜を刺激し、かゆみやくしゃみ、鼻水などを引き起こすアレルギー疾患です。花粉に晒されると体内では花粉を撃退する抗体が作られ徐々に増えていきます。この抗体を入れるアレルギーのコップがいっぱいになり、コップからあふれるようになると花粉症が発症します。現在、花粉症を発症していない方も「私は大丈夫!」と安心しないでしっかりと花粉症対策をして将来の発症を予防しましょう。

すぐにでもできる花粉症対策

その1.まずはマスク、ゴーグルの着用

体の中に取り込まないために、花粉症の季節が近くなったら必ず用意しておきたいアイテムです。

その2.外出はできるだけ控える

風の強い日は、花粉もたくさん飛んでいます。そんな時は、できるなら外出は避けたいですね。
特に、よく晴れている、気温が高い、湿度が低い、雨上がりの‘翌日’は、花粉が多く飛びやすくなります。

その3.花粉は玄関先で払う

外出から戻ってきて家に入る時には、ブラシで花粉を払ってから入室します。花粉は髪の毛にもたくさん付着します。髪の毛も忘れないように。玄関先である程度花粉を落としたら中に入りコロコロをするとより効果的です。家族の方にも協力してもらい、花粉の持ち込みを減らしましょう。

その4.服装にも工夫を

毛の付いた衣服や静電気が発生しやすい素材の着用は避けましょう。具体的にはポリエステル、ナイロン、ビニール、レザーといった表面がツルツルとした素材を着用するのがお勧めです。また、花粉は静電気があると付着しやすいので、静電気防止スプレーをお出かけ前に使用するのも効果的です。

その5.洗濯物は部屋干しを

洗濯物を外に干すとどうしても花粉がついてしまいます。少しでも花粉をつけないようにするには部屋干しにするほうがよいでしょう。もし、どうしても外で干したいという場合は洗濯物を取り込むときに、忘れず花粉を落とすようにしましょう。

花粉症の薬

器官形成期(妊娠4~7週)に限らず原則として妊娠15週までは、薬の使用は慎重にしましょう。

その1.内服薬

漢方薬の小青竜湯は使用される頻度の高い薬です。当院でも花粉飛散時期の予防的投与や症状が軽度な場合に処方しています。小青竜湯無効時、症状が悪化した場合にはアレルギーの治療に使用される抗ヒスタミン薬を処方します。第二世代抗ヒスタミン薬は、第一世代抗ヒスタミン薬に比べて眠気などの副作用が出にくいため、基本的に第二世代抗ヒスタミン薬(セチリジン塩酸塩)を処方しています。

その2.点鼻薬、点眼薬

点眼薬や点鼻薬はおなかの赤ちゃんに影響を与えることはほとんどないと考えられます。