公益財団法人 仁泉会 セイントクリニック
お気軽にお問い合わせください
024-575-3333
[受付時間] 8:30~17:00(日祝日休)

妊婦さんお役立ち情報

ホーム > 妊婦さんお役立ち情報 > 妊娠・授乳中のインフルエンザワクチン

妊娠・授乳中のインフルエンザワクチン

毎年12月になると多かれ少なかれインフルエンザが流行します。そして、1月にはいって爆発的な患者数の増加を示して1月下旬から2月にピークを迎えた後、急速な患者数の減少を経て4月上旬には終息します。咳やクシャミで飛び散ったインフルエンザウィルスを吸い込み、これが鼻やノドの粘膜に付着する飛沫感染が主な感染経路です。粘膜に付着したウィルスは20分以内に細胞内に取り込まれウィルスが増殖し、この増殖したウィルスが周辺細胞に広がります。1~3日の潜伏期間の後、38~39℃の高熱、頭痛、筋肉痛、全身倦怠などの全身症状があらわれ発症します。症状後48時間以内の抗インフルエンザウィルス薬の使用により発熱期間の短縮、ウィルス排出量の減少、また重症化を予防することできるようになりました。しかし、インフルエンザには罹らないことが一番で、ワクチンによる予防が大切と考えられます。
ワクチン製造の過程でわずかながら卵由来の成分が残存してしまいます。これによる卵アレルギーの副反応がごくまれにみられます。過去に卵でアレルギー(蕁麻疹や発疹、口の中がしびれたなど)がでた方に対しては、接種を避けるか、注意して接種する必要があります。

Q1. インフルエンザワクチンは本当に効果があるのか?

インフルエンザワクチンの最も大きな効果は「重篤な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限にとどめること」です。ワクチンの効果は有効率で表し、ワクチン接種をしなかった場合におこる危険をどのくらい減らすことができるかという形で評価します。2015/16年シーズンの研究では「有効率は60%」と報告されています。これは、「ワクチン接種者100人のうち60人が発症しない」ということではなく、「ワクチン接種を受けずに罹患した人の100人のうち60%・60人は接種を受けていれば重症化を予防できた」ということです。インフルエンザワクチンには、「発病」を抑える効果が一定程度認められていますが、麻しんや風しんワクチンで認められているような高い発病予防効果を期待することはできません。また、有効率が60%という数字だけで判断すれば、接種を見合わせるという意見があるのも否定はしません。

Q2. 妊娠中のワクチンは安全?赤ちゃんへの影響はないの?

妊婦はその特徴から合併症を起こし重症化する可能性が高くワクチン接種による感染予防が大切で不可欠なことと考えられます。新型インフルエンザが騒がれたシーズンは、厚生労働省の検討会で妊婦はハイリスク群として位置付け接種対象者に含まれていました。また、日本医師会の見解でも妊婦はワクチン接種不適合者に指定されていません。日本産科婦人科学会の診療ガイドラインにおいても有効性とされ、母体胎児への危険性は妊娠全期間を通じて極めて低いとされています。米国疾病予防局(CDC)、米国産婦人科学会も、妊娠予定、妊娠中の女性へのワクチン接種を推奨しています。欧米では以前より妊婦に対するインフルエンザワクチンの接種は必要であり当然のことと考えられていましたが、ここ数年日本でも一般的になりました。また、妊娠中ワクチン接種により、生後6か月までの児のインフルエンザの罹患率を減少させるとの報告もあります(授乳中の接種では効果なし)。生後6か月未満の乳児に対するワクチン接種は認められていないため、妊婦へのワクチン接種は妊婦と乳児の双方に効果をもたらす可能性もあります。

Q3. 授乳中でも接種はできるの?

授乳婦人は、ワクチン接種が必要なハイリスク(重症化する危険が高い)グループには含まれていません。授乳をしていない他の人たちと同じ危険性であれば、ワクチン接種が特に必要とはいえないという考えです。しかし、授乳中のお母さんにとっては必要がないとしても、母乳をのんでいる赤ちゃんにとってはどうでしょうか。もしお母さんがインフルエンザに罹れば、お母さんの顔の近くで母乳をのむお子さんにもインフルエンザがうつる可能性は十分考えられます(母乳を介してうつることはありません)。実際お母さんからの二次感染で赤ちゃんが重症なインフルエンザになったという報告もあります。代表的なインフルエンザ治療薬の”タミフル”などは「授乳は可能」とする報告もありますが、薬の説明書では「授乳中の婦人には投与しない」「投与する場合には授乳は避ける」とされています(当院では授乳可能と判断しています)。したがって授乳中の方もインフルエンザに罹らないようにするのが一番大切なことといえます。

Q4. 妊婦・授乳婦人に接種しても本当に安全?

特に妊婦・授乳婦人だけに起こる有害事象はなく、日本含め先進国で妊婦を接種対象としていない国はありません。
外国における過去7年間の観察期間でも少なくともワクチンは子供の発育を含めマイナスの報告はありません。

Q5. インフルエンザワクチンの副反応の問題は?

免疫をつけるためにワクチンを接種したとき、免疫がつく以外の反応がみられることがあります。これを副反応といいます。季節性インフルエンザで比較的多くみられる副反応には、接種した場所(局所)の赤み(発赤)、はれ(腫脹)、痛み(疼痛)等が挙げられます。接種を受けられた方の10~20%に起こりますが、通常2~3日でなくなります。全身性の反応としては、発熱、頭痛、寒気(悪寒)、だるさ(倦怠感)などが見られます。接種を受けられた方の5~10%に起こり、こちらも通常2~3日でなくなります。
また、まれではありますが、ショック、アナフィラキシー様症状(発疹、じんましん、赤み(発赤)、掻痒感(かゆみ)、呼吸困難等)が見られることもあります。ショック、アナフィラキシー様症状は、ワクチンに対するアレルギー反応で接種後、比較的すぐに起こることが多いことから、接種後30分間は接種した医療機関内で安静にしてください。また、帰宅後に異常が認められた場合には、速やかに医師に連絡してください。
そのほか、重い副反応の報告がまれにあります。ただし、報告された副反応の原因がワクチン接種かどうかは、必ずしも明らかではありません。
重い副反応として、ギラン・バレー症候群、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、肝機能障害、喘息発作、血小板減少性紫斑病等が報告されています。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html (厚労省インフルエンザQ&A)

Q6. 防腐剤として使用されるチメロサール(エチル水銀化合物)とは?

現在チメロサールによる副作用は局所の発赤や腫脹などの皮膚過敏症がみられるだけで、重篤な副作用や長期的な健康被害は起こっていません。またチメロサール含有のワクチンは1930年ごろから使用されていますが、妊娠女性に接種した場合にも安全性に問題はないと報告されています。しかし、より高い安全性を求め日本においてもWHO、米国、欧州と同じくチメロサールをワクチンにできるだけ添加しない方向にあります。 これらのことを考慮し、当セイントクリニックでは原則チメロサールを含まないものを使用します 。

Q7. 接種する時期、回数は?

  1. 妊娠中の方の場合・・・妊娠全期間を通して可能です。また妊娠予定の方も可能です。
  2. 授乳中の方の場合・・・いつでも可能です。ただし分娩直後は体調をみて判断します。
  3. 接種回数は妊娠中の方、授乳中の方とも1回接種となります。