公益財団法人 仁泉会 セイントクリニック
お気軽にお問い合わせください
024-575-3333
[受付時間] 8:30~17:00(日祝日休)

医療用語集

ホーム > 医療用語集 > 経口補水療法

経口補水療法

手術前後の絶飲食は周術期管理のために日常的に行われてきました。しかし、最近では手術前のストレス(口の渇きや空腹など)軽減、手術後の回復強化プログラムという発想から手術直前までの経口補水、炭水化物負荷(カロリー補給)、手術後早期の経口補水が推奨されています。
 当院でも予定帝王切開患者様に手術前後の経口補水療法を導入いたしました。通常の場合、手術当日の朝(9時)までの飲水と、手術後6時間後からの飲水開始としています。当院では、手術前後の経口補水液としてアルジネードウォーター(1本125ml・100kcal)×6本を採用しています。