公益財団法人 仁泉会 セイントクリニック
お気軽にお問い合わせください
024-575-3333
[受付時間] 8:30~17:00(日祝日休)

医療用語集

ホーム > 医療用語集

新生児室

出生直後からお母さまのお部屋へ行くまではこちらの新生児室にてお預かりいたしております。新生児室の面会はガラス・カーテン越しとなります。
カーテン開放は13:30~14:30です。

ビタミンK2シロップ

ビタミンK2は、赤ちゃんの出血を予防するお薬です。
欠乏すると頭蓋内出血などを起こすことがあります。
特に生まれたばかりの赤ちゃんはビタミンKを作る腸内細菌がなく、出血が起こった場合重症化しやすい傾向にあるため、ビタミンK2シロップを投与してビタミンKを補う必要があります。
 当院では入院中2回、1ヶ月健診時に1回、合計3回赤ちゃんにビタミンK2を飲んで頂いています。

聴力検査

新生児聴覚検査とは、聴覚障害を早期に発見し、できるだけ早い段階で適切な療育を受けられるようにするため、新生児を対象に行う「耳の聞こえ」の簡単な検査です。
 当院では入院中に新生児が睡眠中にスクリーニング装置を使用し、検査を行います。検査に要する時間は数分で、痛みは伴いません。

先天性代謝異常検査

先天性代謝異常検査とは、生まれつき持っている病気を早期に発見し、適切な治療を行うことにより、障がいの発生を未然に防ぐための大切な検査です。
 検査の対象となる病気の種類は約20疾患あり、赤ちゃんの踵から、極少量の採血をして調べます。

経皮黄疸検査

当院では赤ちゃんの出生後から退院まで黄疸計を使用し、黄疸の強さを調べています。

経口補水療法

手術前後の絶飲食は周術期管理のために日常的に行われてきました。しかし、最近では手術前のストレス(口の渇きや空腹など)軽減、手術後の回復強化プログラムという発想から手術直前までの経口補水、炭水化物負荷(カロリー補給)、手術後早期の経口補水が推奨されています。
 当院でも予定帝王切開患者様に手術前後の経口補水療法を導入いたしました。通常の場合、手術当日の朝(9時)までの飲水と、手術後6時間後からの飲水開始としています。当院では、手術前後の経口補水液としてアルジネードウォーター(1本125ml・100kcal)×6本を採用しています。